誰も言わなかった薪ストーブの話

HOME > 薪にまつわるエトセトラ> 針葉樹は燃やせない?

針葉樹は燃やせない?


最近の本や雑誌を見ると、ひところのように「針葉樹は薪に不向き」と書いてあることは少なくなりました。
理想を言えば広葉樹の薪を手に入れたいのですが、専門店で薪を購入する場合でない限り、
そうも言っていられないようです。特に植木屋さんや造園業者から貰い受ける場合、
広葉樹だけを選別してもらうのは、難しいと思います。

 広葉樹に対して、針葉樹は火持ちがよくありません。
パッとつき、ゴーッと燃えてしまいます。またススや煙も多く出ます。
そうした点をよく理解し、ストーブの状態に合わせて使うのであれば、針葉樹も使えないわけではありません。
 「湿った広葉樹より乾いた針葉樹」という言葉もあるようです。
せっかく手に入ったのであれば針葉樹も無駄にせず、しっかり乾燥させて薪にしましょう。

 例えば、火付け時には針葉樹が便利です。ただし火が回ったら早めに広
葉樹を足さないと、燃え尽きてしまいます。
薪ストーブの温度を上げるには熾き火が必要ですが、その点で針葉樹は、せっかく出来た熾き火をも一緒に短時間で灰にしてしまうので不向きなのです。
 そもそも薪ストーブは、その本体に蓄熱してこそ、薪ストーブ本来の性能
が生かされるので、針葉樹は使えるものの、やはり広葉樹の薪が欠かせないと言えます。

 一番問題になるのは「針葉樹も広葉樹も同じ」と考えてしまうことです。
それぞれの長所短所を考え、使い分けるのであれば、針葉樹も立派な薪になります。
ただし針葉樹を燃やすのであれば、煙突掃除などのこまめなメンテナンス
を忘れずにしましょう。
 
 入手方法のところにあえて書きませんでしたが、
薪を確保するため「建築の端材をただでもらう」という人もいるようです。
たしかに入手しやすいようです。が、建築資材は針葉樹が多いだけでなく、
他にも問題があります。
たとえば他の物質(たとえばクギ、塗料、接着剤など)が混入するおそれがあります。
薪ストーブは燃料である薪を燃やせば暖房器具ですが、ゴミを燃やした時点で、それは薪ストーブではなく焼却炉です。
 注意してほしいのは「薪の針葉樹」と「ゴミの針葉樹」は別物だということ。
あなたが端材を他のゴミや釘などときちんと分別し、燃えやすいように割ったり、
乾燥させたりして「薪」として扱えるようになれば、それは端材のリサイ
クルとなりますし、上記の針葉樹同様に使用可能です。

 しかし薪ストーブでゴミを焼却するのは話にもなりません。ゴミを燃やした時点
で薪ストーブではなくそれは『焼却炉』扱いとなります。
家庭用焼却炉はダイオキシン問題の観点などから『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』によって厳しく規制されています。
 薪ストーブでゴミを燃やすことのないよう、ご注意ください。