誰も言わなかった薪ストーブの話

HOME > 設置場所にご注意> 現代生活に合った薪ストーブ選び

現代生活に合った薪ストーブ選び


現代の生活は、非常に便利になっています。蛇口をひねればお湯が出て、
スイッチをおせば暖房がつくようになっています。そんな便利な生活に慣れてしまった我々
が、どうやったら無理なく薪ストーブを楽しめるのか、現代生活に合った薪
ストーブ選びについて考えてみました。
 家を新築される方がよく口にするのが「薪ストーブにしようか、床暖房
にしようか迷っている」という話です。要因としては、薪ストーブも床暖
房も同じくらいの費用がかかる(約100万円)ことと、どちらも遠赤外線効果で家中を暖
めるとうたわれているので、「どっちがいいかな」となるようです。
 私の意見は、予算が許せば両方を導入するのをお薦めします。というのも、
床暖房と薪ストーブという組み合わせは非常に相性がいいからです。

 床暖房も薪ストーブも、家全体を暖めるという点で似ています。しかし一度
冷えた家をもう一度暖めるのは、どちらも時間がかかります。ところが床暖
房は、夜でも留守時でも安心してつけっぱなしにできるという利点があります。
床暖房を低い温度で使用しておき、寒い時に薪ストーブをつけるのは特に寒冷地
で理想的でしょう。薪も燃料費も節約でき、それでいて生活は快適です。
 
 別荘などの場合、冬の間に床暖房をずっとつけておくわけにはいきません。
しかし久しぶりに別荘へ行ったら氷のような寒さ…というのはよくあることです。
この場合は石油ファンヒーターなどの即効性のある暖房器具と、薪ストー
ブの組み合わせがいいかもしれません。ある程度薪ストーブが温まったら、
ファンヒーターは消してしまえばいいのです。

 小さい子供がいる家ではやはり床暖房、あるいはエアコンとの併用をお薦
めします。エアコンなら小学生でも操作できます。我が家で薪ストーブを使
うのはお父さんが家にいるとき…となれば、子供たちもお父さんの帰りを首を長くして待つかもしれません。
 
 いずれにせよ、暖房を薪ストーブだけに頼るのは現代生活では不便です。
不便な道具はやがて使われなくなってしまいます。薪割りも楽しいうちはいいのですが、
ノルマとなったり、高齢になってくると重労働です。薪ストーブは非常に趣味的
な要素を持っています。余裕を持って、楽しみながら使いこなしていくことが、
一番の極意でしょう。