誰も言わなかった薪ストーブの話

HOME > 実は煙突が重要> 煙突の値段は薪ストーブ以上にもなる

煙突の値段は薪ストーブ以上にもなる


薪ストーブ屋さんは「薪ストーブ導入にかかる費用は、ざっと100万円」
って言うけど、いくら輸入薪ストーブでも40万〜50万くらいじゃないの?

 そうです。残りの60〜50万は煙突代と施工費です。

 薪ストーブの命は、他でもない煙突です。煙突の設置が悪いと、高価な薪
ストーブでも上手く燃焼させることができません。
煙突は大きく分けてシングル煙突と二重煙突があり、
現在では薪ストーブには断熱二重煙突を使用するのが主流です。
断熱二重煙突の詳しい性能については、それこそ雑誌やインターネットに情報が満載されています。 

 ではなぜシングル煙突が良くないのか。
まずはタールやススがこびりつきやすい、という点があります。
薪ストーブの煙にはススやタールといった残留物が微量ながら含まれています。
煙突内で煙が急に冷やされると、このススやタールが煙突内にこびりつきます。
これらが貯まると煙突詰まりを起こし、場合によっては引火して煙突火災を引き起
こすこともあります。

 断熱二重煙突は煙が冷めにくいため、内部にススやタールがつきにくいのです。
また万が一煙突火災が起こっても、耐久性の面でシングル煙突とは比較になりません。

 良くホームセンターで売られているものにステンレス性のシングル煙突があり、
1メートルあたり数千円と、非常に安価で手に入ります。
屋内なら使えないことはありませんが、やはりタールはつきやすく、また断
熱二重煙突とは溶接の仕方も違うので劣化が早いと言えるでしょう。
 またシングル煙突はすぐ熱くなる=すぐ冷める、という問題もあります。
薪を足し忘れるなどして煙突内部の空気が冷め、ストーブ本体内の空気との温度
差が大きいと、煙が逆流する原因となります。

 断熱二重煙突は、輸入ものではライトベント社やパワーマチック社、ノ
ヴァ社、国産ではメトスなど数社のものがあります。各薪ストーブ屋によって取扱いメーカーもそれぞれ違いますが、断熱二重煙突であれば価格的にも性能にも大きな差はありません。
またサイズも統一されてきているので、施工する際、大きな問題も無いようです。
ストーブ本体を買った薪ストーブ屋が推賞している煙突であれば、
メーカーを問わず安心して使用できるでしょう。

 断熱二重煙突は、ハッキリ言って高価です。しかしストーブ本体は寿命が十
数年ですが、煙突の寿命はもっと長く、おそらく一生モノと言えると思います。
もし新しい薪ストーブに買い替えても、煙突はそのまま使い続けることができます。
断熱二重煙突を使い、さらに煙突の形状も良いと、燃焼状態も良好となります。
そんな薪ストーブは煙突掃除などのメンテナンスもラクで、薪も長持ちし、
結果的にムダな出費がなくてすみます。ぜひ、煙突にこそこだわってほしいと思
います。